引越しは家賃だけでない|礼金ゼロの賃貸物件を見つけやすくなったネット検索

礼金ゼロの賃貸物件を見つけやすくなったネット検索

引越しは家賃だけでない

住宅模型

初期費用としてかかるお金

賃貸物件を探す時に家賃に目がいきます。その家賃を見て払っていけそうだからこの部屋にしよう、たしかにそういう賃貸物件の決め方でもいいのですが、家賃だけでは引越することはできないです。賃貸契約時の初期費用としてさまざまなお金がかかります。主に関東地域では礼金と敷金、関西地域では敷金、敷引きといわれているお金があります。礼金は大家さんに支払うお金で、関東での敷金は退去時に滞納した家賃の支払いや原状回復に使われます。関西での敷金も同じ意味なのですが、敷引きといって敷金を家賃の5ヶ月分程度おさめて敷引き2ヶ月であれば預けたお金の2ヶ月分は戻ってこないという意味になります。ニュアンスが関東と関西で違うので引っ越しをする場合にはその点に注意して部屋選びをします。

敷金と礼金以外にかかるお金

賃貸契約初期費用で敷金と礼金は有名なので聞いたことがあるかもしれませんが、それ以外にも初期費用としてかかるお金はあります。まず仲介手数料です。これは物件を紹介してくれた不動産会社に支払うお金で、契約書の作成をしたり事務手続きを大家さんに変わって行いますのでその事務手数料になります。家賃の1カ月分が上限となります。そして火災保険料が1万5千円から2万円程度、ドアの鍵の交換費用、月半ばが契約日である場合は月末までの日数分の日割り家賃がかかります。不動産屋のご好意で日割り家賃なしにしてくれることもあります。そして前家賃です。家賃は基本前払いです。以上のようなお金が初期費用としてかかりますので準備が必要です。